NEWS


アクアシティお台場

「東京ラーメン国技館 舞」リニューアル!

営業開始:11時〜(アクアシティお台場営業時間に準ずる)

場所:アクアシティお台場 5F

「6つの名店が集うラーメン文化の伝承地。」

2022年4月29日に3つの名店が新たにリニューアルオープン。

明治から続く日本のラーメン文化を伝承する6つの名店と、お台場という土地が織りなす舞台。それが、「東京ラーメン国技館 舞」。アクアシティお台場に、日本を代表する6つの名店が集結。各店を代表するラーメンはもとより、お台場限定のオリジナルメニューをご堪能ください。

●問い合わせ:アクアシティお台場

受付 11時~21時

電話番号(代表):03-3599-4700

公式サイトはこちら


首都高速道路11号台場線における24時間通行止めのお知らせ

 首都高速道路11号台場線において、2022年5月21日(土)朝6時~翌朝6時、5月28日(土)朝6時~翌朝6時に鋼床版補強工事が行われます。これに伴い下記区間の通行止めが行われます。

 

路線名(方向):高速11号台場線

規制の種類:通行止め

規制区間:

本線:芝浦JCT→レインボーブリッジ→有明JCT

JCT:芝浦JCT 1号羽田線(下り)→11号台場線(下り)

出入口:台場出口

実施日時:

2022年5月21日(土)朝6時~翌朝6時

2022年5月28日(土)朝6時~翌朝6時

(予備日)

2022年6月4日(土)朝6時~翌朝6時

2022年6月11日(土)朝6時~翌朝6時

2022年6月18日(土)朝6時~翌朝6時

2022年6月25日(土)朝6時~翌朝6時

※荒天の場合は、中止となる場合があります。

※代替出入口の利用で通行料金が変わる場合があります。詳しくは「首都高ドライバーズサイト」をご利用ください。

首都高ドライバーズサイトはこちらから。


[Kawasaki Robostage]ロボットショールーム

イベントのお知らせ

 Kawasaki Robostageでは小学3~6年生、中学生を対象に「カワサキロボットエンジニアになろう!2022」を開催します。実物の産業用ロボットの操作・プログラミングが体験できる貴重な機会です!

○開催日時は予約ページをご参照ください。

 

 Kawasaki Robostageは、お台場にある川崎重工業による産業用ロボットのショールームです。「人とロボットの共存・協調の実現」をコンセプトに、川崎重工の最新ロボットと最先端技術を間近で見て・触れて・体験できるエンターテイメント空間です。産業用ロボットとVRを融合した新感覚アトラクション「K-Roboride」や、双腕ロボットの「duAro」がソックリな似顔絵を描いてくれる大人気の似顔絵コーナーがあります。普段は見ることのできない工場の中で働く産業用ロボットを見に来てみませんか?

営業日:平日13時~18時、土日祝10時~18時

(営業時間や内容はやむを得ない理由で予告なく中止・変更となる可能性があります。詳しくはホームページをご覧ください。)

休館日:火曜日(ただし祝日の際は開館)

入場・体験無料

問い合わせ:【Kawasaki Robostage】ロボットショールーム

TEL:03-6457-2800(営業時間中のみ対応可能です)

https://robotics.kawasaki.com/ja1/robostage/

 

 


[東京都虹の下水道館]

下水道を楽しく学べるミュージアム

 虹の下水道館は、普段は入ることのできない下水道管やポンプ所、水再生センターを再現した施設です。レインボータウン“見える下水道のまち”を舞台に、下水道の役割や水環境の大切さを楽しみながら学べます。エントランスを入るとすぐ目の前には、下水の流れが自分の動きに反応するインタラクティブ装置「どかんビジョン」があります。まるで大きな下水道管の中に自分が入っているような体験ができます。「アースくんの家」では、シースルーガラスを通して、生活排水がどのように流れていくかを見ることができます。「レインボーシネマ」は、下水道をテーマに子どもから大人まで楽しめるオリジナルムービーを上映。

開館日・開館時間などが変更になる可能性があります。ご来館をご予定の際は、当館ホームページで確認ください。

場所・問い合わせ:

東京都虹の下水道館

(有明2-3-5 有明水再生センター5F)

TEL・FAX 03-5564-2458

開館時間:9時30分~16時30分(入館は16時まで)

休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始

入館料:無料 駐車場 107台(30分まで無料)

https://www.nijinogesuidoukan.jp/

 


[東京都水の科学館]

5月のイベント情報

 東京都水の科学館で5月に開催されるイベントをご紹介します。

5/1(日)~5/5(木)までゴールデンウィークイベントとして、「和風手品師izumaのマジックショー」、「さくらのわくわくバルーンショー」、「体感!南極ブリザード」、「クラウン・リオのパフォーマンスショー」を開催します。また、後半の週末にも「らんま先生のeco実験ショー」、「パフォーマーKayのパフォーマンスショー」、「紙芝居『ドロップちゃんの大冒険』」、「けん玉ショー&ワークショップ」、「子どもインストラクター」、「似顔絵プレゼント」を開催予定です。

開催日時等詳しい内容については同館ホームページ「イベント情報」でご確認ください。

皆様のご来館お待ちしております!

和風手品師izumaのマジックショー

さくらのわくわくバルーンショー

体感!南極ブリザード

クラウン・リオのパフォーマンスショー

場所・問い合わせ:東京都水の科学館(江東区有明3-1-8)

TEL:03-3528-2366・FAX: 03-3528-2380

開館時間:9時30分〜17時まで(入館は16時30分まで)

休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28〜1/4)

入館料:無料 

※団体見学の申し込みは上記まで ※団体見学バス専用の駐車場があります。

※車いすでご来館の場合は事前に当館までご相談ください

※一般の方は公共交通機関をご利用ください

https://www.mizunokagaku.jp

 


[日本科学未来館]

新展示「セカイは微生物に満ちている」を4月20日(水)から公開

 日本科学未来館は、新常設展示「セカイは微生物に満ちている」の公開を4月20日(水)から公開します。

展示では4つのチャプターに分け、微生物と人間が共生する未来の暮らしについて考えます。近年話題となっている「衛生仮説」や「薬剤耐性菌」などに関わるリスクについても紹介しています。

チャプター1 「微生物とは?」

 微生物そのものや、ヒトと微生物の関係など微生物の基本的なことがらを紹介。微生物が私たちの体内外に多様に生息していること、ヒトと微生物は切っても切れない関係であることを体感できます。

チャプター2 「暮らしの環境と微生物の多様性」

 都市に存在する微生物データを用いた大規模なメタ解析により都市部などのエリアごとの微生物多様性の違いを解説し、生活スタイルの変化の中で、ヒトと微生物たちとのつながりも変化してきている現状が実感できます。

チャプター3 「微生物と共生する暮らし」

 展示空間中央に微生物の実寸大のモデルルームを設け、ブラックライト照明演出により、普段目で見ることのできない微生物の存在を浮かび上がらせます。この空間で来館者は微生物の存在を間近に感じることができます。

チャプター4 「人と微生物が共生する未来へ」

 ビジョナリー(監修者)の伊藤光平氏(BIOTA代表取締役)が提唱する微生物のビジョンについて、学生時代から現在までの研究内容を、コンセプトの変遷などとともにイラストで紹介し、微生物と人が共生する理想の都市の姿をアニメーションで示します。

 

場所・問い合わせ:日本科学未来館(江東区青海2-3-6)

03-3570-9151 FAX:03-3570-9150

https://www.miraikan.jst.go.jp/

 


[東京モノレール]

「サンリオキャラクター大賞 東京モノレール スタンプラリー」4月8日(金)から5月22日(日)まで

 東京モノレールとサンリオは、サンリオキャラクターの人気投票企画「2022年サンリオキャラクター大賞」の開催にあわせ、「サンリオキャラクター大賞 東京モノレール スタンプラリー」を4月8日(金)から5月22日(日)まで実施されます。東京モノレールの駅・沿線施設に設置したスタンプを5つ集めると、もれなく東京モノレールで投票できる「サンリオキャラクター大賞」の投票用紙3枚(3票分)と、先着でオリジナル賞品をプレゼント。また、スタンプラリーのゴールや、駅にてグッズを購入した人には「サンリオキャラクター大賞」投票用紙がプレゼントされます。

(開催期間およびスタンプのキャラクター) 

期間:4月8日(金)から5月22日(日)まで

○前期:4月8日(金)〜4月30日(土):ポムポムプリン、クロミ、リトルツインスターズ、タキシードサム、ハンギョドン

○後期:5月1日(日)〜5月22日(日):シナモロール、ポチャッコ、マイメロディ、ハローキティ、ウィッシュミーメル

●詳しくは東京モノレール公式サイトをご覧ください 。  https://www.tokyo-monorail.co.jp/kikilala-monorail/index.htm

※写真・デザインはイメージです。

©’22 SANRIO CO., LTD. 著作:㈱サンリオ

 


[りんかい線 日本科学未来館]

りんかい線×日本科学未来館コラボ企画「お客様感謝キャンペーン」

 りんかい線(東京臨海高速鉄道社)と日本科学未来館は、日本科学未来館で開催される特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」とのタイアップ企画「お客様感謝キャンペーン」を8月31日(水)まで実施します。

 日本科学未来館内の特別展チケット売場で、りんかい線の区間を含む定期券(期間内のみ有効)、りんかい線1日乗車券(当日のみ有効)、モノレール&お台場ワクワクきっぷ(当日のみ有効)、東急線りんかい線お台場パス(当日のみ有効)のいずれかを提示すると、以下のキャンペーン価格で入場できます。

大人(19歳以上)通常2,100円→1,900円

中人(小学生~18歳以下)通常1,400円→1,200円

小人(3歳~小学生未満)通常900円→700円

◯特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」

期間:8月31日(水)まで

開催時間:10時~17時※入場は閉館の30分前まで

場所:日本科学未来館(1階企画展示ゾーン)

休館日:火曜

※ただし3月22日~4月5日、5月3日、7月26日~8月30日の火曜日は開館

問い合わせ:050-5541-8600(ハローダイヤル/全日9時~20時)

●公式サイト https://kimirobo.exhibit.jp/


[ウォーターズ竹芝 ホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」]

クロード・モネ作「散歩、日傘をさす女性」をモチーフにしたアフタヌーン・エキシビジョン『パラソル(Parasol)』

6月30日(木)までの期間限定平日15食限定

 ホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」16階のバー&ラウンジ「ウィスク(Whisk)」では、名画をモチーフにしたアフタヌーンティー『アフタヌーン・エキシビジョン』の第5弾として、印象派を代表するフランスの画家クロード・モネの代表作「散歩、日傘をさす女性(Woman with a Parasol)」の世界観を表現した『パラソル(Parasol)』を、6月30日(木)までの期間、平日15食限定で提供します。

 第5弾『パラソル(Parasol)』では、モネの「散歩、日傘をさす女性」に描かれている、初夏の陽光と爽やかな風に包まれた 心地よく神秘的な情景や、印象派の巨匠と称されるモネの生涯に思いを馳せるティータイムをイメージ。『アフタヌーン・エキシビジョン』という名の通り、午後のアート鑑賞のように、芸術的でインスピレーションにあふれる午後のひとときを、美しいウォーターフロントの絶景とともに体験できます。

●詳細は公式ウェブサイト https://www.mesm.jp/


[ウォーターズ竹芝 ホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」]

メズム東京×劇団四季『オペラ座の怪人』コラボルーム

7月31日(日)まで再延長決定

 港区・竹芝の複合施設「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」内、

ホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション」は、劇団四季のミュージカル『オペラ座の怪人』 とのコラボレーションで特別に実現した1日1室限定のコンセプトルームの提供を、大阪四季劇場 (大阪・梅田)での開幕を記念し、7月31日(日)まで提供期間を延長します。

 また、作品の世界観を表現したコンセプトルームの販売期間を延長するほか、コンセプトルームの宿泊者から毎月抽選で1組2名(合計6組12人)へ作品や日程が選べる「劇団四季ギフトカード」ペア27,500円分がもらえます。また、『オペラ座の怪人』大阪公演の観劇をする宿泊者限定で、ホテル滞在中、レストラン「シェフズ・シアター」等で利用できる5,000円分のホテルクレジットが提供されます。

 メズム東京の『オペラ座の怪人』コンセプトルームは、急遽、プリマ・ドンナの代役に大抜擢され美しい歌声で大観衆を魅了した歌姫クリスティーヌが、舞台後に一息をつく楽屋をイメージしたデザイン。劇中の豪華絢爛な舞台美術や19世紀後半のパリを彷彿とさせるデザインのヘッドボード、劇中劇「ハンニバル」の額入りポスター、怪人が着用している仮面など、劇団四季の美術チームとメズム東京クリエイティブディレクター小泉堅太郎の共同制作によるオリジナルアイテムが、『オペラ座の怪人』の世界観を演出しています。

●詳細は公式ウェブサイト https://www.mesm.jp/


りんかい線×東京モノレール×TOKYO GLOBAL GATEWAY 「お客様感謝キャンペーン」

りんかい線(東京臨海高速鉄道)、東京モノレール、体験型英語学習施設TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)は、共同でキャンペーンを実施します。

 3月27日(日)と4月3日(日)に開催する「Spring Special」ベントの受付で、りんかい線の区間を含む定期券(期間内のみ有効)、りんかい線1日乗車券(当日のみ有効)、モノレール&お台場ワクワクきっぷ(当日のみ有効)のいずれかを提示すると、TGGグッズショップで使用できる500円クーポンとオリジナルグッズがもらえます。

 また、イベントでは英語でりんかい線のペーパークラフトを作成するワークショップも開催されます。

●TOKYO GLOBAL GATEWAY(TGG)

所在地:江東区青海2-4-32 TIME24ビル 1~3階

交通アクセス:(鉄道)ゆりかもめテレコムセンター駅徒歩約4分、りんかい線東京テレポート駅徒歩約18分または都営バスに乗り換えて約8分、(バス)都営バス海01系統門前仲町駅発、都営バス波01系統東京テレポート駅前発ともに東京港湾合同庁舎前下車すぐ

https://tokyo-global-gateway.com/

●りんかい線

https://www.twr.co.jp/


特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」

日本科学未来館で開催

日本科学未来館は、約90種類、130点の様々なロボットを集めた特別展を3月18日(金)~8月31日(水)、1階企画展示ゾーンで開催します。ロボットの誕生から進化の歴史が体験できるほか、ロボットと人間の体の関係、ロボットとの関わりで見た人の心など、様々な視点から、人とロボットを考える展示が集まります。

 世界初の人型ロボット「WABOT-1(ワボット-ワン)」、体高4mを超える汎用人型重機「零式人機(れいしきじんき)ver.1.2」や、どこにいてもロボットを通して社会の活動に参加できる遠隔操作が可能な分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」、実在する人物の写真や音声などのデータを元に再現されたデジタルクローンなど、日本のロボット開発の礎となったものから本邦初公開の最新ロボットまで多岐にわたる展示がされます。

時間:10時〜17時(入場は閉館の30分前まで)

休館日:火曜(3月22日〜4月5日、5月3日、7月26日〜8月30日は開館)

料金:大人(19歳以上)2,100円、中人(小学生〜18歳)1,400円、小人(3歳〜小学生未満)900円

公式サイト https://kimirobo.exhibit.jp/

お問い合わせ 050-5541-8600(ハローダイヤル・全日9時〜20時)